沖縄ダイビングの面白さや魅力

ウエットスーツの管理が甘いダイビングショップ

沖縄のダイビングショップに体験ダイビングを申込んだ時、自分の身長と体重を聞かれました。そして当日はわたしの身長にあったウェットースーツを準備しておいてくれるということ。ウェットスーツを着るのも初めてだし、ダイビングも初めてでちょっと緊張しながら向かった私です。

お店に移動するとすぐに説明があり、着替えをするように言われました。初めてウェットスーツを着るので、緊張しましたが、予想していたときり、きつくて着づらくて困りました。またダイビングショップでも干してあったものなのですが、午前中に使用したものがたくさんあったのでしょうか。

私の身長にあう、乾燥したウェットスーツがなく、乾燥途中もものを着用することも。これを一度着用したことのある人はわかるかもしれませんが、ウェットスーツというのはとても体に密着し、きついです。

また少し濡れていたりすると滑りが悪くて全然着れないのです。そのためにちょっと時間がかかってしまいました。濡れたものを着用するのって気持ち悪いですよね。やはり、乾燥した管理の行き届いたものを着用したいものです。またそのあたりの管理を沖縄のダイビングショップにはお願いしたいですね。

やはり機材や使用するものは十分に手入れをしておいてほしい。それが今回強く思ったことです。海に潜ってどうせ濡れるからということはわかるのですが、お客様のサービスを考えたら、やはり前者の使用感が残っていない物を使いたいというのが本音です。